柳田國男逗留の地(やなぎたくにおとうりゅうのち)

柳田國男逗留の地
民俗学の父
柳田国男は、東京帝国大学在学中の明治31(1898)年の夏、23歳の時に伊良湖に約2か月逗留しました。その滞在記「遊海島記」(明治35年)は、日本民俗学の始まりの書といわれています。国男は野兎たちと出会いながら松の木陰で読書をしました。滞在後、半世紀を経て書かれた『海上の道』(昭和36)には、椰子の実の記述があります。

詳細データ

名称

柳田國男逗留の地(やなぎたくにおとうりゅうのち)

カテゴリ 観光スポット 観る 歌と詩
所在地 伊良湖岬周辺
田原市伊良湖町
交通アクセス 豊鉄バス「伊良湖シーパーク&スパ前」バス停下車、すぐ
問い合わせ先

関連スポット

地図データ


より大きな地図で 柳田國男逗留の地 を表示

一覧に戻る

マイページ

モデルコース

近所のスポット

友好交流
フォトギャラリー
渥美半島ブログ
観光パンフレット
観光ボランティアガイド
渥美半島岬プロジェクト