• マイページ
  • 宿泊のご案内
  • 観光パンフレット
  • 渥美半島ぶろぐ
  • 体験プログラム【たはら巡り~な】
  • かんこうえりあけんさく渥美半島ボランティアガイド

お糸奉献(お糸船)

伝統行事(田原祭り・凧祭り・お糸奉献・ごせんだら・かぁかなど)
  • 期間

    2019.07.03~2019.07.04

  • 場所

    神宮神御神衣御料所(じんぐうかんみそごりょうしょ)・伊勢神宮ほか

明治34年より続く、伊勢神宮にまつわる伝統神事

三河地方で紡がれた糸を毎年7月3日~4日に伊良湖から船で伊勢神宮に奉納する行事です。

 この行事は俗に「お糸(おいと)」とか「お糸船(おいとぶね・おいとせん)」と呼ばれていますが、正式には神御衣祭(かんみぞさい)といい、神宮において1年に二度、神服を新しく祭神に奉る祭儀です。

 伊勢神宮では、毎年5月と10月の14日に行われ、本祭に先立ち和妙(にぎたえ=絹布)、荒妙(あらたえ=麻布)が織られ、当日は内宮等に和妙御衣、荒妙御衣として奉納されます。

この祭りの原料糸となるのが、毎年お糸船等で奉納する「赤引きの糸」です。

「赤引きの糸」は「清浄な絹糸」という意味で「神宮に奉献される絹糸」のみにこの語を使うこととなっています。

『赤引きの糸』は、唯一、この田原市の神御衣御料所から奉納されるこの糸のみ、名乗れる名称で、大変貴重なものです。

『1467年の応仁の乱のため、三河赤引糸奉献の中絶を知った古田村生まれの渡邊熊十は、その再興を志し東奔西走すること10年。
その努力が実り明治34年(1901年)、内務省並びに神宮司庁の許しを得て、この地に神殿を立て、お糸奉献の本拠地としてここに三河伝統行事が復活した』

奉献される『赤引きの糸』

お糸船出船前の修祓式の様子。

御衣祭り(おんぞまつり)

 伊良湖神社でとりおこなわれている御衣祭(おんぞまつり)です。
これは、三河地方で取れた蚕糸を織って、伊勢神宮のおんぞ料に献じたのが始まりとされています。
 昭和42年(1967)まではおんぞまつりは伊勢神宮で「神御衣祭」が行われるのと同じ日・旧暦4月14日に行われていました。
現在では毎年、4月の第3日曜日が祭礼の日と決められています。

詳細データ

タイトル お糸奉献(お糸船)
所在地 神宮神御神衣御料所(じんぐうかんみそごりょうしょ)・伊勢神宮ほか
お問い合わせ先 神宮神御衣御料所(じんぐうかんみそごりょうしょ)(平日17時ころまで)
0531-35-6606

マップ